プロミス 専業主婦

プロミスで借りたいけど専業主婦は消費者金融申込は不可能

パートなどで安定収入があればプロミスの申込は可能


プロミスは初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)や即日融資にも優れていたりするので小額借入や急ぎの用途でぜひとも使いたいカードローンですが、

 

 

収入のない専業主婦は申込めません!


どんな消費者金融でも総量規制の関係で専業主婦の申し込みは受け付けていません!しかしパートなどで安定収入があればプロミスの申込は可能になりますのであてはまる主婦の方は申込んで見ましょう。

パートなどで安定収入があればプロミスに申込もう!
プロミス
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

レディースキャッシングもあるのでパート主婦でも安心!
パートなどで安定収入があれば主婦でもプロミスは申し込む事が出来ます。例えばパートで月3万円ほどでも、年収換算すると36万円となり、計算上は12万円まで借りれるわけですから十分ですよね。
初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)もありますので、利息圧縮できるのも主婦にとってはありがたいですよね。

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

完全な専業主婦は現在カードローンに申込むのは難しい

プロミスに申込めない収入のない専業主婦は、

 

 

現状カードローンに申込む事はできません。


以前は総量規制の対象外である一部の銀行カードローンで申込可能だったのですが、金融庁の規制により現在では申し込めなくなりました。なので専業主婦がカードローンで借り入れる現在の対処法としては、

 

 

収入のある旦那さんに正直に相談して、旦那さんにカードローンに申込んでもらうと言う方法しかありません。


プロミスで専業主婦はお金を借りることができるの?

専業主婦のキャッシングをするための条件としては、まず「本人の収入」が融資を行ううえで審査対象とならないという点が挙げられます。これは、本人ではなくともたとえば配偶者に収入がある等の場合で、その分の収入について審査を行い、実際の融資契約については専業主婦の名義で行うという方法となります。

 

 

ただし、そのためには本人に収入がなくても融資ができるという業者であるというのが前提です。現在、日本には総量規制という法律があります。これは多重債務が社会問題化したことにより、こうした人たちを救済することをひとつの目的とした法律で、その規定は貸金業法という貸金業者を対象にした法律の中の条文であり、

 

 

年収の3分の1を超えてお金を借す事はできないとされています。


ただし、この法律の規制対象となるのは主に消費者金融業者などであり、銀行などの場合は規制の対象外となっています。そのため、銀行のカードローンであれば本人の収入がなくてもお金を借りることができます。冒頭に挙げた「本人の収入がなくても融資ができる」業者ということですが、その中でも専業主婦専用カードローンに申込まなければいけません。

 

しかしこの総量規制が施行された理由と同じで、近年自己破産者の増加により、規制されていない銀行カードローンの規制に金融庁が着手した事により、

 

 

銀行カードローンでも専業主婦は申し込めなくなりました。そのほか即日融資まで不可能になり、銀行カードローンのメリットは現在極僅かなものとなっています。


 

もっとも審査対象となるのは専業主婦ではなく配偶者なのでもしも既に多額の借入があったり、過去の経歴に問題があれば融資はできないケースもあります。では消費者金融の場合はどうかといえば、たとえば消費者金融の大手のひとつであるプロミスの場合

 

 

専業主婦でも利用ができるのかといえば結論からいくと不可能です。


銀行は規制の対象外ではあるものの消費者金融は規制の対象となっていますのでプロミスが消費者金融業者である以上は本人に収入がない専業主婦の場合は融資を受けることはできません。プロミスは現在、三井住友銀行のグループ企業となっていますが、これはあくまでも「三井住友銀行の系列」というだけであり、決して「三井住友銀行からお金を借りる」ということではありません。

 

全く収入がない専業主婦は残念ながら利用できないのですが、パートなどで一定の収入があればプロミスでも即日融資が可能です。

専業主婦が検討したい配偶者貸付とは?

 

配偶者貸し付けとは収入の無い専業主婦などが配偶者である夫の収入を元にカードローンの貸し付けを利用する方法です。基本的に専業主婦の場合は収入が一切ない状態ですので消費者金融での融資に関しては総量規制と呼ばれる規制の対象となり利用することができません。

配偶者貸し付けが利用できる金融機関は?

しかし配偶者貸し付けを利用した場合には申込者本人ではなく生計を共にする配偶者の収入を審査の対象とするため、申込者に収入が一切無くても利用が可能になります。

 

 

それじゃあ、消費者金融でも大丈夫?


配偶者貸し付けを行っているのは消費者金融のカードローンでがあり、銀行カードローンの場合に関しては銀行法には総量規制がないので、そもそも配偶者貸し付けの適用先ではないのです。

 

 

銀行カードローンが総量規制の対象外だからといって、専業主婦が申し込めるわけではない。


銀行は総量規制対象外なので、この配偶者貸付という総量規制の例外とは関係ない銀行法で規制されています。なので銀行で行われる配偶者の収入を元に審査する行為は、配偶者貸付とは言いません

 

ですが以前は専業主婦のような収入が無い利用者に関しても、配偶者に収入が有れば審査を通過させて専業主婦にもお金を貸す銀行カードローンがあったのですが、現在では自己破産者が増えてきたために銀行カードローンが金融庁に規制された為、ほぼ専業主婦はカードローンでお金を借りることが不可能になっています。

 

 

一方の消費者金融の配偶者貸し付けに関しては徐々に縮小傾向にあります。プロミスやアコム・アイフル・SMBCモビットなど大手消費者金融全て配偶者貸付を行っていません。

プロミスなど大手が配偶者貸付を行っていない理由

これはやはり総量規制の問題が大きいうえに、配偶者貸付を利用した場合でも配偶者に既に借入があればそれも総量規制の対象となることと、配偶者貸付を適用する為に貸金業者に課せられた条件にあります。

 

その為銀行と消費者金融では配偶者貸付に対する認識自体が大きく異なっており、銀行は配偶者貸付が利用しやすく消費者金融は利用し難いというのが現状です。その元となっているのが、配偶者貸付を貸金業者が行う際の条件である、

 

 

  • 配偶者の同意書を申込者に提出を求めなければならない
  • 姻関係を示す書類を申込者に提出を求めなければならない

という条件です。この条件が必要になってくると、書類を用意するのが非常に面倒ですし、住民票などには微々たる物ですがお金が掛かってきます。そして何より主婦が一番望んでいない、

 

 

旦那さんに借入する事がバレてしまう


 

ことが要因となり、消費者金融などの貸金業者もこの配偶者貸付を利用することに、二の足を踏んでいます。

専業主婦はプロミスで借りられなくても実家には月1回帰省するのがベスト

私は実家から車で10分くらいの距離に家を購入して住んでいます。実家に帰る頻度は月に1回ペースで、これは子供が生まれる前からずっと変わりません。逆に主人の実家は車で約1時間くらいかかるところにあり、年1回お正月しか行きません。

 

 

やはりママ側の実家が近いほうが精神的にも良いと思います。


私のように実家近くに住んでいるママさんはやはり孫の顔を見せがてら月に1回帰るくらいが良いと思いますが、実家が遠いママさんの場合は、なかなか帰省できないと思うので年2回くらい泊まりで規制するのが良いと思います。

親し過ぎる親子関係

毎月毎月実家に帰省してどうするのか、私は実家へ帰ると4〜5時間くらいいて、お昼ご飯をご馳走になったり、お互いの近況を話しながらお茶を飲んだり、私自身肩こりがひどいので肩を親に揉んでもらったりして

 

 

リラックスモード全開です。


子供がいつ遊びに来ても良いように、うちの実家は大量のお菓子を買って置いてくれているので、帰る時にはスーパーの袋3つ分くらいのお菓子と缶詰、主人へのビール、ジュース、有事の際のレトルト食品、果物、お米20kg位を毎回もらって帰ります。

親の体調管理が目的

いい年をして実家に甘えっぱなしなのが若干情けないと思いながら、世話焼きな父に感謝しつつありがたく頂いて帰ります。普段からたくさんいろんなものを貰いますが、お正月は有頭エビとか数の子とか高級なものももらえるので嬉しいです。

 

 

でも私が実家へ毎月帰省する目的は・・・


物をもらうためではなくて、父と祖父の2人暮らしなので、体調管理をおこなうためでもあります。いつまでも元気でいてほしいです。

 

専業主婦は消費者金融には申込めない:http://www.jicalaos.org/

主婦の借入体験談

 

私は結婚後1年で主人の転勤が決まり、その後ずっと専業主婦をしています。仕事があまり好きではなかったこともありますが、子供が欲しいと考えた時、両家両親が飛行機の距離ではとても頼る事ができませんでした。

 

そのため妊活中もずっと専業主婦で好きな事やりたい事をやりながら、家事を覚えていったように思います。専業主婦のメリットは、とにかく家事を丁寧にできる事です。独身時代にはやらなかった隅々の掃除や和食の作り方など、花嫁修業的な事を妊娠までの2年間でみっちりと勉強する事ができました。

 

そして妊娠出産を経験し、今現在も自分は専業主婦をしています。転勤族を経験したおかげか、専業主婦と言う事に負い目もなく、今は子育てに奮闘しています。お弁当づくりもしていますが、色々なレシピを覚えた事でかなり充実した内容になっていると思います。

 

夫婦二人三脚と言いますが、転勤族時代はまさにそういった生活でした。主人の帰宅は深夜、子育てと家事は全て自分が引き受け、体調管理にはとても気を使っていました。我が家は私が倒れたら生活が立ち行かない、そんな状態だったので必死でした。

 

誰にも頼る事ができない生活を続け、結婚7年目の今年本社への転勤辞令がおりました。我が家は賃貸を離れマンションを借入して購入、これが我が家の結果と考えると勝ち組と言ってもいいのではないでしょうか。子供と神経衰弱をしたり自転車を教えたりと今も充実した専業主婦ライフを送っています。


 

専業主婦の再就職の現状は結婚、出産を機に専業主婦になった女性が再び仕事を始めようと思った際、ぶつかるのが家事と仕事の両立。またもう一つが、自分の年齢の壁です。

 

早くに結婚し、子供の小学校入学あたりまでに再就職を考えた場合は、自分の年齢の壁を感じる事は少ないかも知れませんが、子供がもう少し大きくなってからと思ったり、結婚が遅かった女性に関して、再就職を考えた際、年齢制限などの壁にぶつかる事も考えられます。

 

自分では、まだまだ若いつもりでも、世の中はそうとはとってくれません。再就職の際、同じ人なら少しでも若い人を採用する流れは実際にあります。年齢の壁によって再就職先を選ぶ会社も考えないといけない状況になってしまうのです。

 

だからと言って、出来るだけ早くに再就職と思った際は、今度は育児との両立と言う壁にぶつかってしまいます。それでも、多くの女性が両立して自分の収入で借入できるのが現状。中には旦那さんの助けや両親、義両親などの手助けを借りている人もいると思いいます。

 

やはり、子供が小さい間の再就職の場合、そのような周りの手助けも重要になってくるのです。また、面接の際にもそのような周りの手助けがあるかなど聞かれることが多いため、準備しておくと面接でも子供の事をネックにすることなく話を進める事ができます。

 

これら、2つの大きな壁がある専業主婦の再就職への道のりの厳しさ。自分の年齢、子供の年齢などを考慮し、再就職の時期を見逃さない事が、少しでも再就職の壁を低くすることが出来る近道になっているのです。


 

専業主婦の私は夫から毎月現金で5万円をもらっています。この中から、医療費・ペット代・外食費、そしてその他クレジットカードでは買い物出来ない時の支払いに遣い、残った金額を私の小遣いにして良いということになっているのです。

 

そのためいかに倹約するかで自分の小遣いが増えるので、自然と無駄遣いはしないようになりました。まず、生活用品は極力クレジットカードが使える店で購入して、この5万円から出さないようにしています。これはカードを使用することによって発生するポイントも貯まるので一石二鳥です。

 

また少々のことでは病院に行かないようにしていますが、そもそも病気にならないように心がけることで医療費を浮かせています。お陰で毎日散歩するなど体を動かすようになり健康そのものです。また普段の健診は、市の特定健診などで安く済ませるようにもしています。

 

ペットの餌代は出来るだけ缶詰などを買わず、夕飯の支度をする時に一緒に手作りごはんを作ってあげることで節約しています。こうして残ったお金が全部自分の小遣いになるのですが、金額にしてせいぜい2、3万円程度です。私にはとても足りません。

 

そこで時々不要になった洋服や雑貨、その他の家庭用品などをネットオークションで売るようにしています。沢山たまってしまう雑誌もまとめて古本屋に売るようにしています。

 

夫が自分で買った本も『一緒に処分してあげるよ『と声をかけつつ、手に入れたお金はちゃっかり自分のポケットにしまい込んでいます。不要品がなくなれば部屋がすっきり片付くのでこれもまた一石二鳥です。

 

こういった作業で必死に倹約して小遣いをためて自分の為に使っていますが、どうしても足りない時は前借のつもりで銀行カードローンでの借入を利用するようにしています。


更新履歴
page top