プロミス 専業主婦

専業主婦と無職の違い

 

専業主婦とは、結婚して家庭に入った主婦のことであり、基本的には仕事をせずに主婦業に専念している人のことをいいます。社会的な立場として考えた場合、専業主婦は個人的に収入を得ているわけではありませんので、無職と同じです。

 

しかし、キャッシング業者の立場からみた場合、専業主婦と無職は必ずしもイコールの存在ではありません。

 

 

仕事をしていない人=無職といっても、その立場は様々です。


たとえば独身で仕事をしていない人は無職ですが、年金生活者も無職ですし、配偶者に収入がある専業主婦も無職ということに変わりはありません。ですが、それぞれに違う点があるのは家計全体の収入の有無です。

家計全体の収入とは?

家計全体について考える際に注意したいのは、例えば親と同居している状態であっても成人している場合には

 

 

親の収入は加算されないということです。


そのため、親と同居していても独身無職の場合は収入がない状態と判断されます。それに対して専業主婦の場合は、確かに仕事をしていないという一面においては無職と同じ状態ではありますが、家計の収入があるかどうかという点については

 

 

独身で無職という状態とは異なります。


専業主婦の場合は配偶者に収入があれば、その収入をもとにして融資を受けることができるようになっています。そのため、仕事をしていないことによる無職という立場ではありますが、家計を同一とする

 

 

配偶者に収入があることによる違いが専業主婦のもつ大きな特徴です。


専業主婦のキャッシングの現状

とはいえ、カードローンの利用に際してはやはり厳しい状況にあるのが専業主婦という立場です。特に、総量規制の影響を受ける消費者金融の場合は配偶者に収入があったとしても専業主婦本人には収入がないため融資を受けることができないのが現状です。

 

 

銀行カードローンを利用できるだけでも有難いわ・・・


それでも家計を同一とする配偶者に収入があれば銀行カードローンで融資を受けることができる可能性がある、という点では専業主婦は単純な無職とは立場が異なる存在といえます。

page top