プロミス 専業主婦

専業主婦でも医療費控除は受けられます

確定申告を行う際に医療費控除の申請をするケースはあると思います。医療費控除とは、その年の1月1日から12月31までの1年間医療費を支払った合計額が10万円を超えていれば控除を受ける事が出来ます。対象は税金を納める本人が、

 

 

自分自身または配偶者やそのほかの親族のなかで生計を一にする人のために支払った医療費になります。


そもそも会社員など給与所得のある人は年末調整を行い確定申告を行う必要はありませんが、医療費においては勤め先の会社では把握する事が出来ない為、控除を受けるためには自身で確定申告を行う必要があります。

医療費控除を確定申告で行う理由

確定申告をする個人事業主の方においてもその点は同じになります。又、

 

 

専業主婦の方の場合には夫の収入に関して医療費控除を受ける事ができます。


そもそも医療費控除は支払った所得税を還付するためのものですので、所得税を支払っていない専業主婦の方では還付する事が出来ないからです。又、この場合においても

 

 

専業主婦の方だけの医療費だけで10万円以上超える事ではなく、生計を一にしている家族全員分の合計が10万円を超えれば控除を受ける事が可能です。


医療費控除を受ける為に必要な書類とは?

そして医療費控除を受ける為の申請に必要なものは、医療機関に支払った際に受け取る領収書やその他治療の為に購入した医療品も対象になりますのでレシートは保管しておきましょう。又、

 

 

通院の為に利用した公共交通機関の料金に関しても対象となります。


こちらは、領収書を発行する事が難しい為、自身で支払明細(日付や金額、目的など)を作成しておきます。そして会社員で給与所得がある場合は源泉徴収票が必要になります。

page top